閉じる

採用情報

ホーム > 採用情報 > 先輩社員の紹介

先輩社員の紹介

写真をクリックすると詳細が見られます。

同僚と共に成長したい 甘木工場工務 主任 青木 大矩

1.あなたの仕事内容について教えてください。

私の仕事は、製品を作るための機械が毎日スムーズに稼働できるように、メンテナンスを中心に機械の保全を行っています

工場の機械を正常に動かすために点検や修理を行う仕事です。また、設備投資の立案、発注から施工までを行っています。

2.オーケー食品工業はどんな会社だと思いますか?

自分の仕事の成果を正しく評価してくれる会社だと思います。
尊敬できる上司にも恵まれ、私は、今では工務課の主任という立場です。以前より責任も増えましたが、それと同時に【やりがい】【達成感】を得ることができています。またプライベートにおいても上司や同僚、部下ともにいい関係が築けています。

3.働く上でどんなことを大切にしていますか?

部下は上司や先輩社員の姿を見て成長します。常に周囲のお手本となる言動を行うよう心がけています。また工務課の仕事は製造現場やさまざまな業者の方と関わりがありますので、業者の方と信頼関係が築けるようお互いのコミユニケーションを大切にしています。業者の方々から学ぶ事も非常に多いので感謝する気持ちも大切にしています。

4.10年後のあなたの目標、または夢があったら教えてください。

工場設備の改善活動を通して生産効率の改良・改善への貢献、さらに同僚と共に成長することで甘木工務課のNo.1といわれるような人物になりたいです。

世界中にいなりを届けたい 東京支店 チーフ 中山 竜浩

1.あなたの仕事内容について教えてください。

私は、主に大手問屋さんに対し当社の主力製品である業務用味付け油揚げの営業をしています。場面に応じて、問屋さんと連動し直接エンドユーザーへ訪問・売り込みをすることもあり、様々なスタイルで日々営業活動をしております。

2.オーケー食品工業はどんな会社だと思いますか?

若手のどんな意見でも尊重してもらえるので様々なことにチャレンジできる会社だと思います。
私は入社3年目にして、大手顧客を任されていることにやりがいを感じています。
担当バイヤーとの商談、寿司部会(得意先の商品開発会議)にも参加し業界知識を吸収して日々学んでいます。
また、【意見を述べる⇒チャレンジする⇒その結果に対しての評価】
上記のようなサイクルがきちんと成り立ち、成功や失敗、どんな結果に対してもきちんと評価もしてくれますので、日々自分の成長を感じています。

3.働く上でどんなことを大切にしていますか?

身だしなみ・マナーです。相手に不快感を与えてはならないと常に心掛けております。
私は学生時代の4年間ブライダルスタッフのアルバイトをしていました。そのアルバイト先で身だしなみやマナーについて徹底的に叩き込まれました。華やかな席にふさわしい服装や料飲提供時のマナーがあるように、営業においても様々なマナーがあります。
学生時代の経験を活かし、今後も身だしなみとマナーに気を配っていきたいです。

4.10年後のあなたの目標、または夢があったら教えてください。

世界中の人々に一日一個、当社の製品を食べてもらいたいです。
全世界に当社の製品を供給することが目標であり、その為にも世界に対応できるセールスマンになりたいと思います。

目指すはいなり女子! 福岡支店 主任 藤野 友理子

1.あなたの仕事内容について教えてください。

私は福岡支店へ営業で入社し、東京支店、現在また地元に戻り、福岡支店で業務用味付け揚げの営業をしています。東京支店で学んだことを活かし、主に問屋さんへ当社主力製品の紹介をして販売ルートの開拓という仕事を行っています。また、新規販売ルートを開拓するため、専門店、量販店、コンビニエンスストアの市場調査なども行っています。

2.オーケー食品工業はどんな会社だと思いますか?

自分が挑戦したいことにチャレンジができて女性が活躍しやすい会社だと思います。またアットホームな社風の会社だと思います。社長はじめ、上司の方々がざっくばらんに相談しやすい環境を積極的に作っていただいているおかげで、自分の職場以外の方にも気軽に話しができますので、自然に仕事の知識も身につき自分の成長にもつながっています。

3.働く上でどんなことを大切にしていますか?

女性営業として、男性と張り合うのではなく女性だからこそ出来る雰囲気づくりや気遣いを大切にしています。

4.10年後のあなたの目標、または夢があったら教えてください。

【いなり寿司】が大好きで日本全国のいなり寿司の専門店を食べ歩いています。
これからたくさんのお店を訪問し、【いなり女子=いな女】のトップを目指したいです。また日本の郷土料理の一面もある【いなり寿司】を食べる機会が少ない年齢層の方や、世界の方々へも発信していけたらいいなと考えています。